手掌多汗症の治療法とは

手掌多汗症は、手のひらに過剰に汗をかく病気ですが、3つのレベルに分けられます。

 

レベル1は、手のひらが汗で湿って光っている状態。
レベル2は、手のひらに汗の玉ができた状態。
レベル3になると、手のひらから汗がしたたり落ちている状態になります。

 

このように一般的に3段階のレベルに手掌多汗症は分けられます。レベルによってその症状も違ってくるので、手掌多汗症の治療法は、その人の症状に合わせて適切な処置を施す必要があります。

 

 

手掌多汗症の治療法には、どのようなものがあるのでしょうか。
手掌多汗症の治療法は、手術や薬による方法などがあります。

 

 

飲む薬での治療をしている人が比較的多いようです。
飲む薬の一つに、精神安定剤があります。
薬を服用すると、手掌多汗症の汗の分泌量を抑制することができます。

 

 

飲み薬以外には、イオントフォレーシスという皮膚科的治療法があります。

 

 

イオントフォレーシスとは、水の中に手を入れて、その水の電流を流して治療する画期的な方法になります。

 

この治療法は、効果が高く、副作用がないこともあり、子供でも安心してできると評判です。

 

 

他に、ボツリヌス毒素を注射して治療するボトックス注射や、ETS手術による方法があります。この治療法も効果がありますが、費用が高いことがデメリットですし、副作用がある場合もあるので、注意が必要です。

 

 

このように色々な治療法がありますが、実際には根本的な治療法としては現在のところまだありません。

 

 

様々な治療法を試みるのもひとつの手段ではありますが、まずはデオドラント剤などを駆使して、とりあえず物理的な方法を取るのが簡単なようですね。

 

 

デアオドラント剤も最近はいいものがたくさん通販で販売されているので、試してみるといいでしょう。

 

 

悩んでいた手汗から
やっと解放された!