市販されている塩化アルミニウム治療薬

手掌多汗症の代表的な治療法のひとつに、塩化アルミニウムを使ったものがあります。病院で使用される治療薬としても有名ですし、薬局などでも市販されているものがたくさんあります。

 

width="247"

 

 

手掌多汗症に悩む人のとっては、塩化アルミニウムを含む制汗剤は、手軽に試せるものなので、おすすめです。塩化アルミニウムを含む制汗剤には、テノール液、オドレミン、エキシウクリームなどがあります。

 

 

病院で処方される制汗剤と市販されている制汗剤の違いに大きな差はありませんが、病院の制汗剤は、塩化アルミニウムの濃度が20%ほどになっていることです。塩化アルミニウムは、皮膚に直接塗布して汗を止めるものです。ですので、根本的な治療にはなりません。

 

 

それでも、手に汗がでなかったらどんなにかいいだろうと、悩んでいる人には、一時的であれ、汗を止めることができるものなので、一度は使ってみてほしいものです。ただし、汗を止めるためには塩化アルミニウムを永遠に使い続けないといけません。

 

また、塩化アルミニウムの濃度が高いとかぶれることもありますので、塩化アルミニウムの制汗剤を使う時は、濃度の薄いものから始めて、除々に濃くするようにするといいでしょう。

 

 

手掌多汗症の方が制汗剤と使用するのは、手を使わない就寝前に塗るのが効果的です。寝る前がリラックスできる時間なので精神的にもいいかもしれません。