手術は保険がきくの?

多汗症手術に保険が利くかどうか、気になりますよね?
もし、保険が適用されるのであれば、自己負担額を抑えることができるので、とても助かりますね。でも、保険が適用されないと、全て自己負担となってしまいますから、手術を受けたくてもなかなか受けられないこともあるでしょう。

 

手術は保険適用?

 

 

多汗症手術の場合は、手術の種類によって、保険が適用されるかされないかが決まります。例えば、手掌多汗症の治療で用いられる腔鏡下胸部交感神経遮断術(ETS)は、保険が適用されます。それから、ワキの多汗症の治療の際に行われる剪除法も、保険が適用されます。

 

 

また、生命保険に加入している方の場合は、公的医療保険制度と連動している医療保険であるなら手術給付金が支払われる可能性があります。ただし、保険会社により異なりますのでご契約されている保険会社にお問合せください

 

 

一方、保険が適用されない手術としては、メスを使わずに治療するボトックス注射が挙げられます。ボトックス注射は、汗が出てくる部位にボツリヌスキンを注入するというものです。多汗症の治療法としては厚生労働省に認可されていないので、保険が適用されません。

 

そのため、料金もクリニックによって異なり、高めに設定されています。手術する場合は、保険適用になるかならいかの確認と、事前によく医師に詳細を聞いてから検討することをおすすめします。