対処法にはどのようなものがあるの?

手掌多汗症には、精神的な病気がある場合とない場合があります。それによって治療法も変わってきます。精神的な病気がある場合は、心理療法や自律訓練法、薬物療法、催眠療法などがあります。

精神的な病気のない手掌多汗症の場合は、ETS(胸腔鏡下胸部交感神経遮断術)、東洋医学療法、神経遮断薬、外用制汗剤、イオントフォレーシス、腋窩汗腺切除などがあります。
ETS(胸腔鏡下胸部交感神経遮断術)という手術があります。

 

交感神経切断術とは、手汗多汗症の原因でもある交感神経を切除し、汗を止める手術です。ほぼ確実に、その部位の汗を止めることができます。

 

最近では、内視鏡を使用した手術を行うため、短時間で終わる上、傷跡が目立ちにくくなりました。また、この手術は入院する必要はなく、手術が終わればそのまま自宅に帰れる日帰り手術ですみます。

 

交感神経切断術を受ける場合は、副作用などのリスクがありますので、安易に手術するようなことがないように、事前に納得がいくまで医師の説明を受けてください。

 

手汗は止まったけど、他の部位の汗が増えるといった代償性発汗という副作用があります。副作用があっても手術を受けて良かったという人と受けない方が良かったという2つの感想があります。

 

手術を受けてから後悔しないように、手術については慎重に検討するようにしましょう。