足のニオイの原因を知る

足が臭い原因は、過度に汗をかくことで足の表面の細菌が繁殖し、皮膚の表面にあるたんぱく質の残骸を分解し始めるからです。
この過程から生じる物質やガスが悪臭の元になります。

 

 

もともと足から発汗される汗はアポクリン性の臭いがある汗です。
なので、健康な方でも足は蒸れやすいので、臭いが発生しやすいのです。

足の臭に原因

 

 

家にいる時は、靴はもちろん、靴下も履かない人もいますよね?
そういう時は、足は臭くないと思います。

 

 

しかし、外出する時には、当然ですが、靴を履きますし、靴下やパンストなどを履くものです。
靴下やパンスト、靴を履くことで、足は蒸れてしまいます。

 

 

そして、雑菌は湿度が高い場所を好むため、足が蒸れていると、雑菌が繁殖してしまうのです。

 

これが足が臭くなる原因です。

 

足には汗腺がたくさんあり、個人差はありますが、1日でコップ1杯分くらいの汗をかきます。
これだけ汗をかいてしまうと、どうしても靴の中、靴下の中で蒸れてしまいます。

 

ですので、帰宅したらすぐに足を洗う習慣をつけたり、替えのソックスを用意する、毎日同じ靴をはかないなどこころがけると改善されます。

 

どうしても足の臭いが気になる方は、通気性のよい靴下やパンスト、または、5本指の靴下を履くようにしましょう。

 

足が蒸れて雑菌が繁殖してしまうと、足が臭くなるだけでなく、水虫になってしまうこともあります。

 

水虫になると、かなり大変ですので、足ができるだけ蒸れないように気をつけてください。

 

 

>>急速イオン消臭スプレーヌーラの詳細はこちら